高森藍子ちゃんとお散歩カメラ

 歌の力って凄いなあと思ったことがありまして。
 デレマス関係には一応アニメから入ったのかな、で、デレステでどっぷり漬かったわけでありますが、高森藍子ちゃんは正直最初はあまりひっかからなかったというか、自分の中でピンときませんでした。SSRが出た時も全力しませんでしたからね。
 今では大好きなんですけど、きっかけになったのは楽曲お散歩カメラの解禁ですね。アニメに主立って使われた曲以外は基本デレステで初めて聞くパターンばかりなので、これもその一つなわけですが、いや一発で好きになってしまいました。ゆるふわゆるふわ言われていう子らしいのですが、そんな彼女の日常としあわせが楽しそうに歌われてます。あんまりゆるふわ推しみたいな印象はなくって、なんというか新しい一面というのは言い過ぎですが、そういうのを発見したような気分でした。
 そうやって意識してから改めて藍子ちゃんのコミュをいろいろと追ってみたら、あーなんでこんな可愛い子に今まで気付かなかったのやらと思います。何かのきっかけがあって今まで意識しなかった女の子を意識するようになるアレです、あの現象です。アイマスの個別曲っていうのは、大雑把に言ってしまえばキャラソンっていう括りだと私は思っていますが(キャラソンではないっていう意見があるらしい)、あくまでキャラありきでキャラの表現の一種としてキャラソンを意識するパターンばっかりでしたが、キャラソンをきっかけに一人のキャラを人間として認識できたのははじめての経験ですね。正直、高森藍子ちゃんに恋をしています。デレステ運営、チケットありがとう、おかげでスルーしてしまった藍子ちゃんをお迎えできました。
 担当はふみふみですがね!(ここまで書いたの台無しだよ

 ※追記
 検索してデレマスでの記録や台詞の解説してあるのを読んだのですが、ああいうのを読むとやっぱり本家デレマスあってこそで、デレステは所謂枝葉に過ぎないのがよくわかります。かといって今からデレマスを本気出して追うのはなかなかにハードルが高い(やれば不可能ではないのだろうが、それがまた辛い)ので、覚悟が試されている感はありますね。無職兼大金持ちなら今からでも全力するんだけどなぁ!